第12回 みんな透明がお好き?【万年筆が好きすぎるエンジニア】

アイキャッチ12
第12回のインタビューのお題は、ここ2~3年における【透明ブーム】についてです。
古き良き時代のザ・万年筆といえば「黒」のボディをイメージしますが、スゲイノウ人の森さんが超絶仕上げをするPILOTのカスタムヘイテイジ92は、ボディ全体が透明タイプ。昨今の透明ブームの波に乗って、万年筆界にもクリア旋風が吹いているのでは?と感じた筆者が、森さんに透明の魅力を伺ってみました!
スゲイノウ人の森って何者よ?という方はこちらの記事からどうぞ〜
【万年筆が好きすぎるシステムエンジニア 】第1回  SEと万年筆との出会い
森さん仕上げのカスタムヘイテイジ92はこちらです。
編集さん
編集S

こんにちは〜!編集のSです。

こんにちは〜「万年筆仕上げ人」の森です。
編集さん
編集S

早速ですが、今日は透明です!

透明って、また漠然としたテーマですねえ。
編集さん
編集S

いやいや、なんかここのところ、透明って流行ってませんか?

う〜ん、最近に限らず、透明が好きな人は多い気がしますが…。
編集さん
編集S

だって、透明の飲み物とか多くないですか?透明のビールとか、透明のカフェラテとか。見た目と味のギャップが広がってますよね!なぜそこまで透明にする?って思っちゃいます。

飲料に関しては、どんどん新しい商品を出していかないと飽きられちゃうので、ひとつ透明にしたら、トコトン透明にしていくんじゃないでしょうかね?消費者はみんな熱しやすく冷めやすい。
編集さん
編集S

飲み物以外にも、透明のバッグなんかもよく見かけます。
透明のバッグと言えば、デパートの従業員なんかが身の潔白を示すために、手荷物を透明の手提げに入れてるイメージでしたが、まさにアレですよ。

僕的には、透明のバッグの良さはわかりかねますね〜。バッグは断然本革派なので…。だって透明のバッグって所詮ビニールじゃないですか。雨に強い!くらいですかね、メリットは。
編集さん
編集S

所詮ビニール…辛口ですね(苦笑)確かに、質を重んじる男性よりは、見た目の可愛さを優先する女性かもしれないですね、透明好きって。
透明バッグだと、中身が丸見えな訳で…中身にもこだわらないといけなくなるから、そこがまた腕の見せ所というか、おしゃれし甲斐があっていいのかも。

なるほど〜。流行の牽引役はいつも女性ですから、女性の心を動かしたら勝ちかもしれません。
編集さん
編集S

森さんが超絶仕上げをしている「カスタムヘイテイジ92」も透明ですが、あの商品を選んだのは透明ブームに乗ってのことですか?

いやあ、そういう意識はなく、僕の万年筆のサイトで一番検索されている商品だから、と言う理由です。検索されている=人気があるってことですけどね。
編集さん
編集S

おお〜、そうですか!やっぱり人気なんですね。実際キレイですよね。

カスタムヘイテイジ92

その通りです。純粋にキレイなんです!あと、カスタムヘリテイジ92は軸自体がタンクの構造なので、インクが最もSNS映え~なんです。
編集さん
編集S

あ〜、インクの吸入の仕方を教わったときに勉強しました!万年筆のインク補充形式は「吸入式」「カートリッジ式」「コンバーター式(両用式)」3つでしたね。カスタムヘリテイジ92の場合は、直接吸い上げる吸入式で余計なカートリッジがないため、透明感をダイレクトに楽しめるってことですよね?

おおー!インク補充形式をよく覚えてましたね!そう、カートリッジがあると、その分、美しいクリア感が出ないんですよね。なんというか、ボヤけた透明になるとでも言いましょうか。

編集さん
編集S

確かに。カスタムヘイテイジ92はクッキリしてますね!

はい、クッキリです。そして自分が仕上げた時、最も輝くんです。見るたびにうっとりできますよ。いいでしょ?
編集さん
編集S

いいですね〜。うっとり。

実は、透明軸の万年筆はたくさんあるんですが、そのほとんどがコンバーター式。
【透明軸×吸入式】の組み合わせの万年筆って、そんなにないんですよ!
編集さん
編集S

え、そうなんですか?なぜでしょう?

透明軸の万年筆が、女性や若者を中心としたライトな感覚で使うユーザーに支持されるのに対して、吸入式は比較的高級ラインの万年筆に採用されている補充形式なんですよ。

編集さん
編集S

確かそうでした!

「ライトユーザー向けの本体」と「高級ラインの補充形式」という相反する要素を併せ持つって、なかなかないんですよ。そんな中、カスタムヘイテイジ92は、比較的安価・吸入式・透明軸という三拍子を実現しているので、もう必然的に人気があるんだと思います。

編集さん
編集S

おお〜、人気の理由がよくわかりました!

SNS時代ですからね。地味で、映えもイマイチな黒軸万年筆は、若者にはマッチしません。

編集さん
編集S

そもそもモンブランとか高くて買えないですからね!(苦笑)

ああ、高いと言えば、吸入式で透明軸の「ペリカン M800 デモンストレーター」も、おいおいカスタムしていきたい1本なんですよ。ペリカンのスケルトンなんで「ペリスケ」なんて呼ばれてますが。こちらですね。

新品のペリスケ

編集さん
編集S

ペリスケ!…あれ、なんか森さんの写真にしてはモヤっとしてますね。いつもキレイな写真ばかりなのに。

これはですね…新品の状態だからですよ!

編集さん
編集S

あ!そうか、磨いてないとこんなにモヤモヤしてるんだ!改めて仕上げの威力を実感です。
それにこれ、よく見ると本体に何か字が書いてありますね。

もともとペリカンが万年筆の機構を説明するために透明に作ったものが、デモンストレーターなんです。文字は各パーツの名称ですね。これがそのまま商品となり、大人気を博した万年筆です。

編集さん
編集S

ペリカンのスーベレーンは何度かインタビューの話題に出てきましたね。

ペリカン スーベレーン

そうそう、これです。通常のスーベレーンはこの縞々模様がトレードマークです。M800の数字は、大きさを表しています。他にもM400・M600などがあります。大きいほどお高いです。

編集さん
編集S

この透明バージョンなんですね!

そうです。ニブも18金。実売で5万円以上はするので、入門にはちょっと敷居が高いんですよ。でも素晴らしい逸品なので、ぜひともカスタムしてみたいんです!
編集さん
編集S

お、意気込みすごいですね。

いや〜、やっぱり透明軸いいですからね!どんなニブのカスタムともマッチしやすいし、どんなインテリアとの相性も良い!
編集さん
編集S

確かに。

樹脂軸は手間をかけた時に最も透明感がでるので、仕上げ人としても腕がなります!とはいえ、樹脂そのもの透明度が低いとどうにもならないんですけどね。
編集さん
編集S

ペリスケのカスタムも楽しみです〜!

カスタムヘイテイジ92と比べてかなりお高いので、緊張しますが(笑)
編集さん
編集S

ミスったらシャレになりませんね…。

いや、スゲイノウ人にミスはないのです。…嘘です。
編集さん
編集S

では、生産することになった際にはお声がけくださいね。

ぜひとも!
編集さん
編集S

今回は【透明ブーム】について考えてみました。透明の魅力を読み解いていくと、森さんがカスタムヘイテイジ92を選んでいる理由がとても納得できました!

ふふふ。そうでしょう?すべて、意味があるのです!
編集さん
編集S

今週もお付き合いくださり、ありがとうございました。

また来週お会いしましょう!

スゲイノウ人、渾身の万年筆をJally’s Shopで販売中!

Jally’s Shopに移動する


「万年筆が好きすぎるシステムエンジニア」森 慎吾さんのプロフィール

1981年生まれ。高校卒業→印刷会社→専門学校(音響芸術科)→テレビ局で編集マン→SE→フリーランスのSE→スゲイノウ人(イマココ!)。とにかくずっと激務に追われる日々からフリーランスへ転身し、忙しいながら趣味にあてられる時間も増え、万年筆カスタマイズに没頭の日々。

スゲイノウ人のこだわりの逸品を販売します

ショップの看板
Jally’sでは、スゲイノウ人たちが作り上げた究極の逸品を販売する、Jally’s Shopを運営中。ぜひお立ち寄りください。
Jally’s Shopはこちら