パラレルワールドを生きよう!Jally’s的パラレルキャリのススメ

働き方改革

あの時、違う道を選んでいたら、どうなっていただろう?

今の自分の仕事におおむね満足している人も、そうでない人も、一度は考えたことがないでしょうか?

「あの時落ちた企業に入社できていたら」

「違う学問を専攻して、今と全く違う職業に就いていたら」

「留学して、海外で働いていたら」

そんな、あの時、違う道を選んでいたら、どうなっていただろう?という妄想です。

少なくとも、この文章を読んでいる人は、忙しい朝の満員電車の中でフッと頭によぎったり、真剣に思い悩んでスマホで検索しているかもしれません。

今の仕事が楽しくて、やりがいがあって仕方ない!

そういう人は、こんな「タラレバ」を考える暇はない。

また、今の仕事が楽チンで、悩みもなく、日々滞りなく過ぎていく人にも無縁な話。

しかし、今日現在、時間を巻き戻す術はなく、タイムマシンが開発されるまでに私たちが生きているかどうか、わかりません。

それでも、落胆する理由なんてないのです。

だって、私たちはいつからでも、パラレルワールドに旅立つことは可能なのですから。

パラレルキャリアのススメ

Time for change

パラレルキャリアparallel career)とは、『マネジメント』等の著書で有名なピーター・ドラッカーが提唱した、これからの社会での生き方のひとつ。本業以外の仕事を持つことや、非営利活動に参加すること指します。

私たちは、今日からでもパラレルキャリアを始めて、パラレルワールドという、もうひとつの世界に生きることができるのです。

「何言ってるんだ?」

「適当なことを言うなよ」

そんな声が聞こえて来そうですが、

とんでもないブラック企業にお勤めでない限り(そういう方はまずブラック企業に辞表を出しましょう!)、帰宅後や土日などに多少の時間は取れるのではないでしょうか?

もちろん、時間を作ることは簡単ではありませんが、社会全体に「働き方改革」という名のムーブメントが起こっている今こそパラレルキャリアを始めるチャンスです。

パラレルキャリアは副業とは少し違う

グローバル化

「働き方改革」といえば、副業OKという企業も増えてきましたが、パラレルキャリアと副業とは少し違いがあります。

近年の企業視点で言えば、副業は本業と無関係の収入を得る手段であり、パラレルキャリアは本業に活かせる活動を社外ですること。

そんな風に区別しています。

しかし、この際、企業の都合など考えないでいきましょう。

本来ドラッガーが考えたように、2の人生のひとつがパラレルキャリアであるという考え方です。

人生が50年~60年だった時代は、ひとつ仕事に専念することは自然なことでした。

逆に言えば、そうする以外の選択肢を選ぶことが難しい時代でした。

しかし、100年生きることが可能になった今の時代。

ひとところにずっと留まるにはあまりに長すぎるとは思いませんか?

さらに、テクノロジーの圧倒的な進化があります。

この四半世紀で、ヒト・モノ・情報のトラフィックが爆発的に増えて、世界はものすごく小さくなったのです。

だからこそ、いろんな所へ行ったり、いろんな人に会ったり、いろんなことをしたいと思うのは人間として、当然の感覚ではないでしょうか?

本業があるから冒険できる

会社の風景

今、本業があるのなら、それはそれで続ける。辞めなくていいんです。

集中させることの効果は素晴らしいですが、本業の存在は精神的にも金銭的にも、あなたの支えになります。

生きていくお金があれば、たとえお金にならないパラレルキャリアでも、取り組むことができるのです。

並行して取り組むことで、互いに相乗効果をもたらす。

それがパラレルキャリアの素晴らしいところです。

もし、パラレルキャリアが成功したら、本業を辞めて、さらなる新天地を目指しても面白いですよね。

「無理」は成長が止まる悪魔のささやき

できないをできるに

さて、ここまでパラレルキャリアを全力でオススメしてきましたが、

「私には得意なことなどない」

「自分には無理だ」

そう思っている方はいますか?

最大の敵は、能力ではなく「無理・できない」という言葉です。

いつでも、誰にでも開いているパラレルワールドへの扉は「無理・できない」という禁忌ワードを口にすることで、パッと閉じてしまいます。

すごいことじゃなくても、お金にならなくても大丈夫。

「自分は本業の他に、こんなことしてるんです!」

そう言うだけでいいんです。

少し時間はかかります。だから言い続けることが大事です。

言い続けていると、いつの間にかあなたは何者かになっているはずです。

ほら、パラレルワールドへ行くのは、すごく簡単でしょう?

 

スゲイノウ人募集中!スゴクなくても大丈夫!

自薦・他薦は問いません。こちらのフォームからお気軽にどうぞ!
https://jallys-net.jp/contact/

こんな特技をお持ちの人いませんか?
https://jallys-net.jp/audition/

スゲイノウ人のこだわりの逸品を販売します

ショップの看板
Jally’sでは、スゲイノウ人たちが作り上げた究極の逸品を販売する、Jally’s Shopを運営中。ぜひお立ち寄りください。
Jally’s Shopはこちら