第18回 スゲイノウ人になって、よかった事を聞いてみた!

スゲイノウ人インタビューの第18回。
今回はちょっと趣向を変えて、万年筆スゲイノウ人の森さんに、スゲイノウ人認定されて、よかったことを直撃インタビューしてきました!
「スゲイノウ人の森って誰よ?」と言う方は、下記の記事もどうぞ!
【万年筆が好きすぎるシステムエンジニア 】第1回  SEと万年筆との出会い
森さん仕上げのカスタムヘイテイジ92はこちらです。
編集さん
編集S

こんにちは!編集のSです。

「万年筆仕上げ人」の森です。
編集さん
編集S

今回はですね、ちょっといつもと趣向を変えて、森さんにスゲイノウ人になって「今どんな気持ち?」っていうことをズバリ聞いてみようと思います。

改めて聞かれると、なんか困りますね…。
編集さん
編集S

ええ!もしかして、スゲイノウ人になって、あんまり嬉しくないとか??(泣)

いやいや、そんなことはないですよ。そうですね、スゲイノウ人になって良かった〜ってことは結構ありますよ。
編集さん
編集S

ホッ。

まず第一に「スゲイノウ人やってます!」と名刺に書いたり、自己紹介することで、対外的に活動しやすくなったことですかね。今までは単に「趣味でやってまして…」としか言いようがなかったのですが、【スゲイノウ人の万年筆仕上げ人】という肩書きがついたおかげで、説明がしやすくなりました。「ふ〜ん、そんなことやってるんだ!」ってね。

万年筆仕上げ人名刺

編集さん
編集S

「スゲイノウ人」という響もインパクトありますもんね!

いや、そんなスゲー人ではないんですけどね。
編集さん
編集S

謙遜してる場合じゃないですよ。森さんがスゲー人じゃないとしたら、これからスゲイノウ人になってみようかな?という人に対してのハードルがものすごく上がっちゃうじゃないですか!

スゲーというより、好きでやってるだけですから…。でも、スゲイノウ人です!万年筆仕上げ人です!って言い続けてると、だんだんそれらしくなってきますからね。
編集さん
編集S

おお!言霊(ことだま)ですね!

そうそう、だから、自分一人で黙々とやってるよりは、ちょっと勇気がでます!
編集さん
編集S

なるほど。スゲイノウ人になって良かったこと。「第三者からの理解が得やすい!」「言霊効果でそれらしくなってくる!」

他にも重要なことがあります。
編集さん
編集S

なんでしょう?

身内の理解が得られる!
編集さん
編集S

え、身内ですか?意外ですね。

いやいや、これ大事。

編集さん
編集S

身内というのは、森さんの場合、主に奥様と思ってよろしいでしょうか?

はい、まさにそうですね。もっと若い方ならば、親御さんがそれに当たると思います。

編集さん
編集S

スゲイノウ人になって、すごいわー!とか言ってもらえたんですか?

「すごい」とは言いませんよ。そう、すごいと思ってもらわなくてもいいんです。ただのヘンタイ的な趣味を持っている配偶者と思われなくなった、ということが素晴らしいんです!
編集さん
編集S

ドヒャー!

だってね、今まで一人で万年筆イジイジして、リューターで磨きまくって、メッキとかしてね「万年筆屋でも開きます?それとも職人か!職人にでもなるんか?!」という好奇な目で見られてたと思うんですよ(汗)

編集さん
編集S

それが、株式会社シナジーという第三者機関のお墨付きがついたことで、奥様も肯定的になった、ということでしょうか?

その通りです!だから、趣味の域を超えるような趣味をお持ちの方は、身内に白い目で見られがちなんです。悲しすぎますよ。「うちの子はお金にもならないような趣味にばかり情熱を注いで…しっかり働きなさいよ!」みたいに思う親御さん、多いんじゃないでしょうか?

編集さん
編集S

確かに、大人にとって、労働する=いいこと。趣味に没頭すること=遊んでる。という価値観がまだまだ根強いのかもしれませんね。

だんだんとですが、世の中に「好きなことを仕事にする」という機運が高まってきてますけどね。やはり若い世代が中心です。
編集さん
編集S

なるほど、これは結構ポイントですね。「身内が(ヘンタイ的な趣味にも)好意的になる!」

最大のメリットかも!

編集さん
編集S

もしスゲイノウ人がたくさん集まったら、オフ会を開催するのも面白いカモです〜。これは個人的な願望ですが。

それ確かにいいですね。僕みたいな人間は、基本的にあまり群れないんですが、同じような趣向を持つ人にはジャンルは違っても興味が湧きます。

編集さん
編集S

そんなわけで、ジャリーズでは随時スゲイノウ人を募集中です!応募フォームはこちら!自薦他薦を問いません。

入会金とか取られませんので、ご安心ください!

編集さん
編集S

はい〜!最後にもう一度まとめますよ、スゲイノウ人になると、こんないいことが!

メリットまとめ

まさにコレです!
編集さん
編集S

よかったら、こちらの募集のページもご覧くださいね〜。ではでは、また来週お会いしましょう!森さん、ありがとうございました!

こちらこそ、ありがとうございました。

どれだけ磨くの!? カスタムヘリテイジ92製作記はこちら


スゲイノウ人、渾身の万年筆をJally’s Shopで販売中!

Jally’s Shopに移動する


「万年筆が好きすぎるシステムエンジニア」森 慎吾さんのプロフィール

1981年生まれ。高校卒業→印刷会社→専門学校(音響芸術科)→テレビ局で編集マン→SE→フリーランスのSE→スゲイノウ人(イマココ!)。とにかくずっと激務に追われる日々からフリーランスへ転身し、忙しいながら趣味にあてられる時間も増え、万年筆カスタマイズに没頭の日々。

スゲイノウ人のこだわりの逸品を販売します

ショップの看板
Jally’sでは、スゲイノウ人たちが作り上げた究極の逸品を販売する、Jally’s Shopを運営中。ぜひお立ち寄りください。
Jally’s Shopはこちら