第19回 9月23日の「万年筆の日」を森さんと語ろう!

アイキャッチ19
スゲイノウ人インタビューの第19回。
今回は9月23日が「万年筆の日」ということで、万年筆の歴史を振り返りつつ、それにまつわる四方山話をお送りいたします。ウォーターマンの苦労話が中心です(笑) スゲイノウ人の森って誰よ?という方は下記リンクも合わせてお読みください。
【万年筆が好きすぎるシステムエンジニア 】第1回  SEと万年筆との出会い
森さん仕上げのカスタムヘイテイジ92はこちらです。
編集さん
編集S

こんにちは!編集のSです。

「万年筆仕上げ人」の森です。
編集さん
編集S

いつの間にか9月も終盤ですね。だいぶ涼しくなってきて、夏が苦手な森さんも活動的な季節になってきたのではないでしょうか?

そうなんです!涼しくなってきたし、秋の夜長にいろいろ捗っちゃいます!
さてさて、今日は何でしょうか?
編集さん
編集S

今回はですね、ちょっとすぎちゃいましたけど、9月23日「万年筆の日」企画です!

おっと、万年筆の日なんてあったんですね(笑)
編集さん
編集S

万年筆スゲイノウ人の森さんなら、当然ご存知かと思いましたが・・・。
遡ること200年以上前、1809年9月23日、英国人のフレデリック・バーソロミュー・フォルシュさんが、軸の中にインクを貯蔵できる筆記具を考案して、特許を取得した記念すべき日なのですよ。

いやあ、そうでしたか!記念日とか、あまり興味がないもので(笑)フレデリック・バーソロミュー・フォルシュさん、ありがとう!って感じですね。それまでは、基本的にインクにその都度ペン先を浸して書いていたんでしょうから、すごい発明ですよね。
編集さん
編集S

当時はペンの軸にバルブをつけ、それを開閉することでペン先にインクを送る仕組みだったといわれています。

バルブを開閉か・・・それはそれで大変そう(苦笑)というか、万年筆の生みの親と言えば、ウォーターマンだと思ってました。
編集さん
編集S

私もそうかと思っていました。テレビで見たことありますよ!保険会社の外交員だったアメリカ人のウォーターマンさんが、大口の契約を交わす際にペンのインクがぼたぼたと漏れて、契約書が台無しに。それが原因でライバル会社に仕事を取られてしまった。その悔しさを晴らすため、今の形に近い万年筆を開発したという、ちょっと笑い話のような話ですよね!

そうか、現在の毛細管現象を利用した万年筆にしたのが、ウォーターマンということか。
しかし、インクボタボタ事件が起きてなかったら、ウォーターマンはずっと普通の保険外交員のだったかもしれませんね。面白い話です。
編集さん
編集S

ウォーターマンさんの人生のターニングポイントはインクボタボタ事件!

人生何が起こるかわかりませんね。だから面白い。
編集さん
編集S

もともと何かを研究している人が、失敗から成功を生み出すのはよく聞く話ですが、ウォーターマンさんは保険の外交員から万年筆の開発者という、ちょっと変わった転身をしていますよね。

ああ、確かにそうですよね。ウォーターマンも、もともとものづくりが好きだったんでしょうか?
編集さん
編集S

スゲイノウ人気質の保険外交員だったのかもしれまんよね(笑)

確かに。インク漏れたからって、漏れない万年筆作るぞ!って発想になかなかならない。
編集さん
編集S

発想の斜め上っぷりが素敵です!

ウォーターマンは1883年に万年筆を開発したことを機に、翌年には「Ideal Pen Company」を創業。1888年には、社名を「LE WATERMAN」に変更しました。
編集さん
編集S

行動が早い!ウォーターマン!

今では当たり前になっている万年筆のクリップですが、このクリップを万年筆につけたのもウォーターマンです。インク漏れも減ったり、クリップもついたし!ということで、万年筆を持ち歩く文化も定着します。
編集さん
編集S

へ〜!ウォーターマン偉大ですね!・・・でも、なんというか、今って万年筆と言えばモンブランが代名詞みたいなところがあるじゃないですか?私の偏見ですけど。それに比べて、ウォーターマンの万年筆って、日本ではあまり売れ筋じゃないというか・・・うわあ、ごめんなさい!ウォーターマン!

確かに・・・そんな風潮はありますね。意外とモンブランは後発なんですよね。ペリカンパーカーの方が設立は先ですし。あと、僕的にはウォーターマンが決して日本で売れてないとは思いませんよ・・・(フォロー)

編集さん
編集S

はい、ごめんなさい、ウォーターマン。

そうそう、メジャーなメーカーだとファーバーカステルが古く、ウォーターマンの発明より約100年も前に設立しています。まあ、ファーバーカステルは鉛筆を中心とした文具メーカーですけどね。のちに万年筆も作ります。

ファーバーカステル
伯爵コレクション クラシックライン ペルナンブコ
編集さん
編集S

ファーバーカステルの万年筆って、すごく木の風合いが素敵ですよね。鉛筆メーカーだからこそ、あのようなデザインなんですね。

そうそう、どのメーカーも万年筆だけ作ってるわけじゃないですからね。
編集さん
編集S

各ブランドの歴史を調べてみるのも、なんだか面白そうと思いました!

いいですね、今度ぜひやってください!

編集さん
編集S

どのブランドを選ぶかで性格診断とかできそう・・・。

確かに、なんだかんだ言って、個性がでますよね。

編集さん
編集S

じゃあ、企画メモとして温めておきます。

楽しみです。
編集さん
編集S

さて、今回はフレデリック・バーソロミュー・フォルシュさんが万年筆の元祖を生み出し、特許をとった記念日!という話題でしたが、ほとんどウォーターマンさんはスゲイノウ人気質のやり手ビジネスマンだった話になってしまいました。

まったくだ!

編集さん
編集S

こんな四方山話をきっかけに、万年筆に興味を持っていただければと思います。

それでは、また次回お会いしましょう!

編集さん
編集S

今週もお付き合いくださり、ありがとうございました!


どれだけ磨くの!? カスタムヘリテイジ92製作記はこちら


スゲイノウ人、渾身の万年筆をJally’s Shopで販売中!

Jally’s Shopに移動する


「万年筆が好きすぎるシステムエンジニア」森 慎吾さんのプロフィール

1981年生まれ。高校卒業→印刷会社→専門学校(音響芸術科)→テレビ局で編集マン→SE→フリーランスのSE→スゲイノウ人(イマココ!)。とにかくずっと激務に追われる日々からフリーランスへ転身し、忙しいながら趣味にあてられる時間も増え、万年筆カスタマイズに没頭の日々。

スゲイノウ人のこだわりの逸品を販売します

ショップの看板
Jally’sでは、スゲイノウ人たちが作り上げた究極の逸品を販売する、Jally’s Shopを運営中。ぜひお立ち寄りください。
Jally’s Shopはこちら