第24回 スゲイノウ人の葛藤 やりたいコトと儲かるコトのハザマで

アイキャッチ画像
スゲイノウ人森さんとの対談・第24回です。
最近の森さんは、万年筆磨きをお休みして、塗装を研究したりしてるようです。少し方向転換を考えているのかもしれませんね。
そんなこともあって、今回は自分のやりたいことと、儲かることの関係性について語り合ってみたいと思います! スゲイノウ人の森って誰それ!?という方はこちらからご覧ください↓ 【万年筆が好きすぎるシステムエンジニア 】第1回 SEと万年筆との出会い 森さん仕上げのカスタムヘイテイジ92はこちらです。
編集さん
編集S

こんにちは〜!編集のSです。

「万年筆仕上げ人」の森です。
編集さん
編集S

ちょっと森さん!Twitterでみたんですけど、六本木のおしゃれな文房具屋さんで話かけられたそうじゃないですか。

ええ、そうなんですよ。そんなこと初めてだったんで、かなり慌てました。変な宗教か何かの勧誘かも!?どうしよう!って瞬時に頭の中をグルグルしてました。落ち着いて話してみると、純粋に僕のブログである文房具の虫の読者さんだったんですよ。
編集さん
編集S

森さんが万年筆を詳しくレビューしてるサイトでしたね。

そうです。そこから、このジャリーズの方も見てくださって「なんか見たことある!」って思ってくれたんでしょうね。はじめ挙動不審になってしまって、本当に申し訳なかったです…。
編集さん
編集S

勇気を持って話しかけてくださったんですね!いや〜ん、森さん有名人じゃないですか。

僕のジャリーズでの一連の記事なんて、めちゃくちゃニッチですからね。それを見たことがある人に大都会で出会うなんて、僕もビックリです。
編集さん
編集S

確かに、万年筆って検索すると「万年筆 おすすめ」とか「万年筆 初心者」「万年筆 安い」なんてワードが上位にきますが、森さんのキーワードってなんですかね?

ストレートに考えれば「万年筆 仕上げ」ですが…。

編集さん
編集S

おお「万年筆 仕上げ」で検索すると、なんと森さんのtwitterが5位に表示されます!これはかなり上位ですね。

いやいや、ちょっと待ってください。そもそも「万年筆 仕上げ」で調べる人がほとんどいないですから(苦笑)

編集さん
編集S

う〜ん、でもSEOで上位を取ることが森さんの目的ではないから、いいんじゃないでしょうか?

まあそうなんですけど、自分が丹精込めてやっていることが世の中の人に響いてない、求められてない、そう思うと、ちょっと寂しいというか、虚しい気持ちになるんですよね。

編集さん
編集S

たくさんの人が求めている万年筆は…平たく言えば「カッコよくて比較的お求め安い万年筆」じゃないでしょうか?
最近は特にその手の万年筆が増えたので、若い人にも購入しやすく、親しまれてきてますよね。でもこれは明らかに大手メーカーの役割です。

そうなんです。僕には決してできない。でも逆に、大手メーカーがニブのひとつひとつピカピカにするなんてできない。
究極の仕上げは、やはり僕みたいな人間の役割なんです。

編集さん
編集S

量産品ではなし得ない最上級の仕上がりを提供するというサービスは、多くの人が求めるものではないかもしれませんが、欲しい人はいる。実際に購入している方もいらっしゃる訳ですから!

そう言ってもらえると、少し元気が出ますね。

編集さん
編集S

ほら、成功する人って、ちょっと、なんていうか「バカ」であることが大事じゃないですか…。

うう「変態的」とか「バカ」とか言われておりますので、慣れてます。

編集さん
編集S

いや、これはいい意味での「バカ」ですからね!いい意味!

わかってますって(笑)

編集さん
編集S

こんな私もライターの端くれとして、よく考えることがあるんです。
「たくさんの人に読まれる記事」と「私が書きたい記事」が合致しないことへのモヤモヤです。

なるほど。そのモヤモヤは解消しましたか?

編集さん
編集S

解消してません!(キリっ!)

キリっ!っと言うところ?

編集さん
編集S

「書く目的は何か?」を考えると、自ずと答えは出てくるんですけどね。たくさんの人に読まれたい!とかお金が目的なら、読まれる記事を書いた方がいいし、自己表現をするなら書きたいことを書けばいいんです。

ま、そりゃあそうですよね。

編集さん
編集S

一番いいのは、自分が好きで書いたものがたくさんの人に読まれることですよ!

そしたら、僕も「僕の究極の仕上げをたくさんの人が受け入れてくれる」というのが一番いいです!

編集さん
編集S

お互い、希望はそこですよね!

「自分が好きなコトで、且つ、みんなが求めてるコト」を探す作業が必要です。

編集さん
編集S

そんな森さんに、Appleの創始者であるスティーブ・ジョブズさんの名言を送ります。
「僕は本当に好きなことしか続けられないと確信している」

そうですね。好きだからやっている。それだけですからね。

編集さん
編集S

今日はいつになく、精神論的な話になってしまいましたね〜。でも、時折立ち止まって、自分の心の声を聞いてみるのも大事だと思いますよ。

僕の場合、じっくり考えると守りに入っちゃいそうなので、あまり考えないようにしてますが(苦笑)

編集さん
編集S

森さんらしく信念を貫いてください!

ありがとうございます!

編集さん
編集S

それでは、また来週お会いしましょう。さようなら〜。

さようなら〜!


どれだけ磨くの!? カスタムヘリテイジ92製作記はこちら


スゲイノウ人、渾身の万年筆をJally’s Shopで販売中!

Jally’s Shopに移動する


「万年筆が好きすぎるシステムエンジニア」森 慎吾さんのプロフィール

1981年生まれ。高校卒業→印刷会社→専門学校(音響芸術科)→テレビ局で編集マン→SE→フリーランスのSE→スゲイノウ人(イマココ!)。とにかくずっと激務に追われる日々からフリーランスへ転身し、忙しいながら趣味にあてられる時間も増え、万年筆カスタマイズに没頭の日々。

スゲイノウ人のこだわりの逸品を販売します

ショップの看板
Jally’sでは、スゲイノウ人たちが作り上げた究極の逸品を販売する、Jally’s Shopを運営中。ぜひお立ち寄りください。
Jally’s Shopはこちら