第28回「ザラツ研磨」見たさにセイコーミュージアムまで行ってきた話

アイキャッチ28
スゲイノウ人森さんとの対談・第28回です。
今回のテーマは「磨く」。なんともぼんやりとしたテーマですが、森さんが磨くを語ると、まあいろいろ出てくる。
普通の生活をしていると、なかなか出会わないニッチな磨きの世界をご紹介します。
スゲイノウ人の森って誰それ!?という方はこちらからご覧ください↓
【万年筆が好きすぎるシステムエンジニア 】第1回  SEと万年筆との出会い
森さん仕上げのカスタムヘイテイジ92はこちらです。
編集さん
編集S

こんにちは〜!編集のSです。

「万年筆仕上げ人」の森です。
編集さん
編集S

今日は何について語ってもらいましょうか!

実は本業が忙しくて万年筆作りが滞ってしまっているんです(汗)
編集さん
編集S

なんと!!うーん、これは本業を持ちつつ得意技を活かしてる「スゲイノウ人」ならではのお悩みですね。

すみません、ちょっと言い訳がましくて(泣)ということで、今回はちょっとフワッとしたテーマなんですが「磨く」ということにスポットライトを当ててみようかなと思います。
編集さん
編集S

「磨く」ですか!確かにフワッとしてますね。ひとくちに「磨く」と言っても、広〜いですよね。

そうですね〜。まあ「磨く」と言えば、最近うちの娘が風呂場の蛇口をピカピカに磨いてくれて、それはそれは綺麗になったんです。僕に似て磨き好きなのかもと思いました。
編集さん
編集S

さすがスゲイノウ人のDNA!水道の蛇口って、カルキ?の成分で白っぽく曇ったり、普通に洗ってもなかなか落ちなくて大変だと思いますが、よくピカピカになりましたね。

娘はメラミンスポンジを使ったようです。

編集さん
編集S

あ〜、あれ便利ですよね。消しゴムのようによく落ちる!

そうなんです、よく落ちるんですが、使う場所には注意が必要です。「磨く」と「削る」は定義の仕方によっては同じになるかもしれませんから。

編集さん
編集S

おっと、そうか。モノによっては傷ついちゃったりするんですね…。

ナノレベル、ミクロレベルで見れば素材となる物質が失われているので、これを削るとするなら磨くも削っている事になりますからね。ただ、僕はこう解釈しています。「削る」は形状を作り出す行為。「磨く」は質感を作り出す行為(必ずしも光らせる事が目的とは限らない)
編集さん
編集S

なるほど、質感ですか!磨くって深いな〜。

実はこのJally’sの記事にも、なんと三種類の「磨き」が出てきています!

編集さん
編集S

え、あれ、そうでしたっけ?

「バレル研磨」「電解研磨」「バフ研磨」ですよ。忘れちゃいました?

編集さん
編集S

ええと、ちょっと過去記事を見返しております。ああ、ありました!バレル研磨は洗濯機のようなガラガラ回す、あれですよね?

そうそう。メディアと言われる研磨材(石や木など様々)とワーク(対象物)を筒に一緒にいれてぐるぐる回したり揺らしたりすことで相対的に研磨する方法で、レシピが決まれば個人の技術はを関係ないので、大量生産品向きだし、安価なのがメリットです。でも、使用する機械や研磨石によってバリ取りだけではなく、光沢研磨やバフ研磨のミラー仕上げに近い研磨も可能なんですよ。

編集さん
編集S

おお〜、汎用性高い〜!野菜の皮むきとか、これでやりたい(笑)

わ、どんな家庭ですか(笑)ただデメリットもありますよ。タンク内で複数のワークが擦れ合ってるので製品表面に細かいキズや打コンが発生したり、研磨石の当たらない部分は磨かれないので、複雑な形状では研磨ムラが発生することです。

編集さん
編集S

素材や形状に合わせて使うことが大事なんですね。

そういうことです。

編集さん
編集S

お次の電解研磨は、溶かすんでしたよね?

うん、まあ正解。形状がデコボコして通常の磨きが難しいものが対象です。電解研磨溶液(金属によって違う)の中で、その金属をプラスとして直流電流を流すと、金属の溶解とともにその金属表面が平滑化します。物質同士がぶつかり合うことがないので、ムラなくクリーンに平滑化できます。

編集さん
編集S

なるほど。電解研磨は、削るではなく、溶かすですね。

最後はバフ研磨ですね。バフ研磨は一般的な「磨く」のイメージに一番近いかもしれません。バフとよばれるふわふわの生地を回転させて磨く方法で、仕上げ段階で使われる事が多いです。バレル研磨で下地を作って、バフで仕上げる事もよくあります。鏡面などにする場合は、コレだけど作業する人の技術に依存しちゃう部分があるかな。

編集さん
編集S

それぞれの研磨手法は、併用されることが多いんですね!そして、誰がやっても品質が変わらないバレル研磨や電解研磨と違って、職人の技が試されるのがバフ研磨!

実は、バフ研磨以上に職人技の世界がありまして、先日それを見てきたんですよ〜。

編集さん
編集S

お、また工場見学に行かれたんですか?

工場はさすがに難しい。なので、セイコーミュージアムにお邪魔して見てきました。ザラツ研磨の美しい仕上がりを!

編集さん
編集S

え、なんでまたセイコー?そしてザラツってなんですか??ザラっとしてそう…。

グランドセイコーというセイコーの高級腕時計のシリーズがありまして、そのケースの美しさに魅せられ、ついにセイコーミュージアムまで足を運んだというわけです。

ザラツ研磨機
ザラツ研磨機
編集さん
編集S

ええ、なんですか?ザラツ研磨ってそんなにすごいんですか?

「ザラツ研磨」というのは通称で、スイスのザラツ兄弟社の研磨機を使った工程そのものをいつしか「ザラツ研磨」と呼ぶようになったようです。やってることは回転金属板のついた平面研磨機で職人がひとつひとつ磨いている、ただそれだけです。

編集さん
編集S

え、そうなんですか?

平面研磨機での磨きは、時計の本場スイスでも今はほとんど行われておらず、セイコー独自とも言えます。
通常ならバフ研磨で仕上げるところですが、バフ研磨だとどうしても柔らかい仕上がりになってしまうため、平面研磨機を使って、エッジの効いたシャープな印象を出しているそうです。
平面研磨機で歪みのない美しい鏡面を生み出すことは、確かに高い技術力と経験が必要でしょうが、この作業を「ザラツ研磨」と呼び、すごい職人技であると敢えて打ち出すことで、セイコーのブランドイメージを上げているとも思えます。

編集さん
編集S

よくある「職人が丁寧に磨きました」に「ザラツ研磨」が加わって、なんか特別に凄そうな感じになったってことですか!

実際にすごいですよ。見てください、この歪みのなさ。それに加えて、ブランディング上手なSEIKOさんです。

ザラツ研磨あり・なし比較
ザラツ研磨あり・なし比較
編集さん
編集S

それを見るためにわざわざ足を運ばれたんですね。

グランドセイコー好きだし(欲しいし)、高い技術であることは確かなので、何かに活かしたい!技を盗みたい(物騒)と思って動いておりますゆえ。

編集さん
編集S

なんともスゲイノウ人らしいです。

いや〜、それほどでも〜。

編集さん
編集S

ああ、森さんも「しんちゃん」ですね(笑)

今週はすごいフワッとした話になっちゃいましたが、こんなんで大丈夫ですか?

編集さん
編集S

いえいえ、いつもながらスゲイノウ人らしさが爆発していましたよ。この調子でニッチにいきましょう!
それでは、また来週〜。

さようなら〜。

セイコーミュージアムの模様を森さんが動画にしてくれました!よかったらご覧ください


どれだけ磨くの!? カスタムヘリテイジ92製作記はこちら


スゲイノウ人、渾身の万年筆をJally’s Shopで販売中!

Jally’s Shopに移動する


「万年筆が好きすぎるシステムエンジニア」森 慎吾さんのプロフィール

1981年生まれ。高校卒業→印刷会社→専門学校(音響芸術科)→テレビ局で編集マン→SE→フリーランスのSE→スゲイノウ人(イマココ!)。とにかくずっと激務に追われる日々からフリーランスへ転身し、忙しいながら趣味にあてられる時間も増え、万年筆カスタマイズに没頭の日々。

スゲイノウ人のこだわりの逸品を販売します

ショップの看板
Jally’sでは、スゲイノウ人たちが作り上げた究極の逸品を販売する、Jally’s Shopを運営中。ぜひお立ち寄りください。
Jally’s Shopはこちら