【万年筆が好きすぎるシステムエンジニア】第4回 スゲイノウ人のルーツ

【万年筆が好きすぎるシステムエンジニア】である森さんへのインタビュー第4回。
システムエンジニアを生業としている森さんですが、実は無類の万年筆カスタマイザー。
究極の仕上げを目指して、万年筆を磨き続ける日々。
そんな森さんのこだわりのルーツは何なのか?今回は森さんはどんな子供だったのか、聞いてみました。
編集さん
編集S

森さんのものづくりに対するこだわりのルーツを知りたくて、少し昔の話を聞いてみようと思います。

そうきましたか。
編集さん
編集S

だって三つ子の魂百までって言うじゃないですか。こんなヘンタイ…いやスゲイノウ人は、どんな子供だったのかなーってふと疑問に思ったんです。

ヘンタイ、ヘンタイって…まあ、3歳のことは、もうと〜っても可愛くて…。
編集さん
編集S

はい、はい、可愛いかったんですね。で、子供の頃からものづくりが好きだったんですか?

記憶が曖昧ですけど、小学校低学年くらいからプラモ作りにはまってました。

編集さん
編集S

男の子らしい! ガンプラとかですか?

ガンダムも作りましたけど、もっぱら飛行機ですね。

編集さん
編集S

へ〜、飛行機のプラモですか!

そうそう、中でも戦闘機。すごいかっこよくて憧れてました。

編集さん
編集S

なんでまた戦闘機なんですかね?

多分ですけど、田舎が沖縄なんです。昔はおばあちゃんちの上空を戦闘機とかビュンビュン飛んでて、それで無意識のうちに好きになったのかもしれません。

編集さん
編集S

なるほどそういう背景があるんですね。

プラモ作りって、実はいろいろツールが必要なんですよね。かっこよく塗装したいのに、エアブラシもコンプレッサーもお金がなくて買えなくて、 子供なりに試行錯誤したりしてました。

編集さん
編集S
塗装ですか…もうすでに「万年筆仕上げ人」の片鱗が見え隠れしますね。

コンプレッサーの代わりに家にあったスプレー缶とかで試してみたり…。でも結局あんまりうまくいかなかったな〜。

編集さん
編集S

結構道具がものをいう世界なんですね。

そうだ、スミ入れって分かりますか?

編集さん
編集S
いや、わからないです。

モールドと呼ばれるパーツの掘り込み部分にスミを流し込むことによって、ディティールを目立たせる手法です。毛細管現象でこういう隙間とかに垂らすと、すーっと広がってきて、広がったところを上だけ拭けば、この線にだけスミが残るんですよ!スミ入れをすることで、グッとリアルな仕上がりになるんです。

編集さん
編集S
(またなんか熱くなってきちゃたなあ…)

客観的に振り返ると、この頃から結構ディティールにこだわってましたね。

編集さん
編集S
こだわりボーイでしたね。

もう熱中しすぎてご飯食べるのも忘れるぐらい(笑)

編集さん
編集S
私は、いくら熱中しててもご飯だけは忘れないな。
ちょっとしたトランス状態です。
編集さん
編集S

いい加減ご飯食べなさいとかお母さんに怒られたでしょう?

まあ確かに言われましたけど、結構放任主義だったんで、好きなことを好きなだけやってました。

編集さん
編集S

寛大なお母さんだったんですね。

良く言えば寛大。悪く言えばほったらかし?

編集さん
編集S

お母さんって「宿題やったの?」「お風呂は?」「早く寝なさい!」とか、口うるさく言ってしまいがちなので、逆にそういう自由にさせてくれるお母さんは貴重じゃないですか?

うーん、そうですかね〜。
編集さん
編集S

おかげで、森さんのいいところがすごく伸びたんじゃないんですか。森さんのお母さんが「勉強しなさい」とか口うるさく言う人だったら、今のスゲイノウ人の森さんはなかったですよね、きっと。

まあ、それは一理あります。
編集さん
編集S

やっぱり環境って大事ですね。

そういえば、父親は町工場で働いていたので、ものづくりが好きな自分のルーツは確かに家庭環境かもしれません。

編集さん
編集S

それドンピシャじゃないですか!

あまり考えたことなかったですけど、そうですね。

編集さん
編集S

全国の子育て中のお母さん!子供が熱中している時は、思う存分やりたいことをさせてあげることがスゲイノウ人育成に繋がるようですよ。

育成しちゃうんですか(笑)

編集さん
編集S
そうですよ。これからの時代、スゲイノウ人だらけになっていって欲しいものです。
でも自分、学校の成績は悪かったので、もっと勉強しとけばよかったとは思いますけどね。
編集さん
編集S
いや、やりたい時に、やりたいことをやってこそ、一番伸びるんですよ!
ずいぶん力説しますね。
編集さん
編集S
森さんをみてると、本当にそう思います。
確かにその知識が必要になった時、勉強すればいいとも思いますね。
編集さん
編集S
そうそう。
でもやっぱり小学校の勉強も最低限した方がいいですよ!
編集さん
編集S
最低限(笑)
それでは、今回はこの辺で。
編集さん
編集S
次回もよろしければお付き合いくださいね。

「万年筆が好きすぎるシステムエンジニア」森 慎吾さんのプロフィール

1981年生まれ。高校卒業→印刷会社→専門学校(音響芸術科)→テレビ局で編集マン→SE→フリーランスのSE→スゲイノウ人(イマココ!)。とにかくずっと激務に追われる日々からフリーランスへ転身し、忙しいながら趣味にあてられる時間も増え、万年筆カスタマイズに没頭の日々。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


スゲイノウ人のこだわりの逸品を販売します

ショップの看板
Jally’sでは、スゲイノウ人たちが作り上げた究極の逸品を販売する、Jally’s Shopを運営中。ぜひお立ち寄りください。
Jally’s Shopはこちら