第45回 万年筆好きとしてインタビューをうけてライブ配信された話

アイキャッチ画像45
類は友を呼ぶといいますね。
面白いことをしている人のまわりには、自然と面白い人が集まってくるのかもしれません。
今回は、スゲイノウ人の森さんが動画配信スタジオで万年筆愛を熱く語ってきた話です!
スゲイノウ人って何それ!?という方はこちらからご覧ください↓
【万年筆が好きすぎるシステムエンジニア 】第1回  SEと万年筆との出会い
森さん仕上げのカスタムヘイテイジ92はこちらです。
編集さん
編集S

こんにちは〜。編集のSです。

「万年筆仕掛け人」の森です…って、Sさんアイコンが変わっていますね!
編集さん
編集S

早速のツッコミ、ありがとうございます。実は「Jally’sのロゴマークのアイコンでは、Sさんの性別もイマイチわからないし、人物像が見えてこない」とのご指摘を受けまして、急遽イラストに変更いたしました!

写真ではないんですね(笑)似てるかどうかは別として、なんか暖かい、ホンワカした雰囲気になりましたね。
編集さん
編集S

そうでしょ?編集Sはホンワカした女性であることが伝わりました!

万年筆スゲイノウ人と対談しているけど、頑なに万年筆よりデジタルデバイス派のSさんですね。
編集さん
編集S

うぐ、、ほら、掛け合いとして、相対する目線の方がいいじゃないですか?私は万年筆やものづくりに対して、ほとんど知識がない一般的な女性ですが、その方が逆に会話がひろがるというか…。

まあ、それは確かに。でも、万年筆好きの人も結構みているので「この聞き手はなんにもわかってないな〜」と思うかも(苦笑)
Sショック
編集S

ううう、勉強します。

あ、でも先週の入学祝いに贈る万年筆の記事は「今まで見たオススメ万年筆○選!系の記事のなかで一番よかった」という感想もいただきましたよ。
編集さん
編集S

え〜、本当ですか?企画してよかったですね!

ほかの方も、記事見てすごく気になる万年筆があったようで、早速店舗に見に行ったらしいです。僕もなんだか嬉しくなりました。
編集さん
編集S

さすがスゲイノウ人、森さんのセレクションですね!

こうやって、たまに誰かに刺さる企画ができたらいいですね。今後もよろしくお願いしますね。
編集さん
編集S

そうですね、打率あげていきたいと思います!
さて、本題に入りたいと思いますが、なんと先週は森さんがインタビューを受けた模様がライブ配信されたとのことで、私も拝見しましたよ〜。

インタビュアーのアベケイスケさんのお誘いを受けまして、配信スタジオ「堤方4306」(ツツミカタ ヨンサンゼロロク)で万年筆トークしてきました。
編集さん
編集S

アベさんとはどういったご関係なんですか?もともとお知り合い?

アベさんとは以前記事にした、くりらぼ多摩川のイベントでお会いしたんです。その時、僕が万年筆のプレゼンをしたのを見て「なんか変な人いるな〜」って心に残ったんでしょうね。それで、お声がかかったと。
編集さん
編集S

森さんの万年筆愛は、かなり印象に残りますよね(笑)それにしても、インタビューをしてライブ配信までしちゃうとは、アベさんは何者なんでしょう?

アベさんは、スタジオ兼BARである「堤方4306」のオーナーで、面白いことをしている人を見つけて、インタビューをして、人と人をつなげていく、会話を可視化していく活動をされています。確か、本業(?)は紙媒体のデザイナーさんだったかな。
編集さん
編集S

わお、アベさんご自身もかなり面白いことをされていますね。

ほんとにそう思います。かなりのハイペースでバラエティーに富んだ方々をスタジオに招いて、インタビューの模様をライブ配信をされています。以前には元大関の小錦さんも出演されていたので、アベさんの人脈すごいな〜ってビックリです。

編集さん
編集S

私もインタビューのライブ見ていました。アベさんの話の引き出し方もさることながら、森さん、相変わらず熱い万年筆トークでしたね。

暑苦しかったですか?(苦笑)ニブや透明軸のBefore・Afterは、動画配信ではなかなか伝わりにくいところだったかなと色々改善点もあります。

編集さん
編集S

包丁の実演販売みたいに、その場でシュシュっとできる作業だったら楽なんでしょうけどね。

あ〜、そうですね…僕の仕上げには少なくとも半日以上かかりますから、日が暮れる(笑)今後は100年万年筆のMOND計画の方に本腰を入れていくので、そのアピールもしっかりとしてきました。

編集さん
編集S

森さんの活動がこうやってドンドン広がっていって、今後が楽しみですね。

いろんなところへ出て行って、情報発信していくのが喫緊の課題ですから。
編集さん
編集S

アベさんの、<面白い人にスポットライトを当てて掘り下げて、多くの人に広める活動>本当に素敵ですね。森さんと同じように、本業をする傍らでやりたいことをやっているんですよね、きっと。

そうそう。「儲からないこと」かもしれないけど「やりたいこと」・「面白いこと」をするために、やはり複数の収入源が大事になってくるんです。
編集さん
編集S

2018年から始まった「働き方改革」で、残業が減ったり、その分副業が解禁されたりしていますが、なんだか幸せな人が増えた実感がないんですよね。やりたいことに費やせる時間が増えたはずなのになぁ。

多くの人にとって「副業」って、単に”収入を増やすためのもうひとつの仕事”って認識かもしれませんし、中にはコンビニでバイトする人もいるかもしれません。あれ、逆に忙しくなってる?!みたいな。

編集さん
編集S

収入を増やしたいのは、誰しも思うところですが、本業でなんとか食っていけて、余った時間に「儲かるかどうかわからないけど、面白いこと」をやるのが理想的ですね。森さんやアベさんはまさに理想を行っているのでは?

みんな確実に儲かることをやりたがりますからね。逆を行かなきゃ。「人がやらないユニークで面白いことをやってたら、自然と儲かる」と僕は考えてます。

編集さん
編集S

よ、逆張り男!それでこそスゲイノウ人!

変な合いの手いれないで〜。
編集さん
編集S

面白い人がこれからドンドン増えていくといいですね。Jally’sとしても切に願っております。

ほんとですね。そうなるべく、僕も情報発信がんばります。
あ、アベさんの堤方4306の情報も載せておきますね〜。気になる方はチェックしてみてください!

編集さん
編集S

ではでは、今週はこのへんでおひらきにしたいと思います。

もしよかったらSNSで「いいね」や「シェア」お願いします!

編集さん
編集S

森さんのような、ちょっと(すごく)ヘンな人も常時募集しています。お気軽にお問い合わせフォームからメッセージください。

また来週お会いしましょう!

編集さん
編集S

さようなら〜!


どれだけ磨くの!? カスタムヘリテイジ92製作記はこちら


スゲイノウ人、渾身の万年筆をJally’s Shopで販売中!

Jally’s Shopに移動する


「万年筆が好きすぎるシステムエンジニア」森 慎吾さんのプロフィール

1981年生まれ。高校卒業→印刷会社→専門学校(音響芸術科)→テレビ局で編集マン→SE→フリーランスのSE→スゲイノウ人(イマココ!)。とにかくずっと激務に追われる日々からフリーランスへ転身し、忙しいながら趣味にあてられる時間も増え、万年筆カスタマイズに没頭の日々。

スゲイノウ人のこだわりの逸品を販売します

ショップの看板
Jally’sでは、スゲイノウ人たちが作り上げた究極の逸品を販売する、Jally’s Shopを運営中。ぜひお立ち寄りください。
Jally’s Shopはこちら