第50回 連載50回を迎えてしみじみ振り返る<プレゼント企画あり>

eyecatch50_2
ついに対談も50回を迎えました。いつも読んでくださる方、たまに読んでくださる方、ありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします!!
あ、プレゼント企画もあるので、最後まで離脱しないでね!
はじめてお越しの方はこちらもご覧ください↓
【万年筆が好きすぎるシステムエンジニア 】第1回  SEと万年筆との出会い
森さん仕上げのカスタムヘイテイジ92はこちらです。
編集さん
編集S

こんにちは〜。編集のSです。

「万年筆仕掛け人」の森です。
編集さん
編集S

あっという間に大型連休も終わってしまいましたね!

森さん
自分は例年通りでしたが、世間が静かだったので、逆に調子狂う感じです。
編集さん
編集S

みなさん、しっかり自粛したからか、少し収束も見えてきたように思えます。

明けない夜はない!
Sさん
編集S

もう少し頑張りましょう!(さすがに自粛疲れてきたから〜)

そうだ、先週も別れ際に言ってましたけど、このグダグダな対談も50回目なんですね。
Sショック
編集S

ぐ、グダグダって言わないで(涙)

むしろ僕がごめんなさいです。でもクオリティーはどうあれ「続く」ことは大事ですから、100回目指していきましょう。
Sさん
編集S

そうです!
そんなワケで、今回は50回の節目として、今までの記事を人気順に振り返ってみることにします!

単純に累積アクセス数ですか?始めの記事の方が有利ですよね?
編集さん
編集S

う〜ん、それを調整するとランキングが出しにくいので…細かいことは気にしないでいきます!

あ、はい、よろしくお願いします(汗)
編集さん
編集S
もったいぶらずに発表します!コチラ!

ランキング

なんと、万年筆から始まるノート沼が1位なんですね…。みんなノート好きなんだなぁ。僕自身が「ノート沼の住人」と断言できるほどノートに詳しくないので、なんとなく恐縮ですね。
編集さん
編集S

素人の私からしたら、森さんは十分詳しい人ですから…。こちらの記事は検索からくる方が多いですね。世間のノートへの関心の高さが伺われます。

他のランキングに目を移すと、2・3・6・9位に、僕の万年筆カスタマイズに関する記事が来ていますね。これらは初期に書かれた記事だし、毎回リンクしてもらってるので、アクセスが多いのも納得かなぁ。嬉しいですね。
編集さん
編集S

森さんの活動の一番熱い部分をうかがった内容の記事ですからね。まだ読んでいない方がいたら、ぜひ読んでいただきたい。

5位の第13回 ドイツで子供に万年筆を使わせるワケ。これは前回、前々回も掘り下げましたよね。最終的に、考える力をつける教育とは?を論じるような深めの話になりました。
Sさん
編集S

子供の筆記具で言えば、昨今はどの筆記具かの議論を飛び越えて、タブレットとタッチペンでいいじゃないって時代になってきましたね。

勉強するのはタブレットでもいいですね。でも、習字のように美しい文字を書く鍛錬はアナログに限る。ペン先と紙の摩擦が織りなすハーモニー
編集さん
編集S

人間の文化として、ゆらぎを大事に!ですよね?

そう「ゆらぎ」です。「ゆらぎ」については第9回 万年筆はオワコンかで、出てきました。全然終わりじゃないですから!実用的な目的としての筆記具から解放された、今からがむしろスタートといっても過言じゃない。
編集さん
編集S

書く手段だけではなく「万年筆そのものを愉しむために万年筆を買う時代」ですね。

7位の第10回 手入れの時間を楽しむも同じことです。ただ書くだけなら、万年筆なんて面倒なもの使わない方がいい。

編集さん
編集S

森さんが作った、ただインクを交換するだけの動画が同記事内にありますが、な〜んかボーッと見ちゃうんですよね。インクが水にボワーッと広がっていく感じとか、好きです。

スマホばっかり弄ってないで万年筆で「ゆらぎ」感じましょう!

Sさん
編集S

あれ、森さんもかなりスマホ見てる率高いような。。。

いや~、これは仕事ですよ、リモートワーク!

編集さん
編集S

あ、そうだ、今回対談50回を記念して、なにかプレゼント企画やりましょうよ。

え、それまた急ですね…。何かあるかなぁ。

編集さん
編集S

実は、狙っているものがありまして…コレです!

軍艦風万年筆の全貌

あ〜、コレか!遊び心でやってみたもののすごく疲れたヤツですね。

Sさん
編集S

結構反響があったようですので、ぜひお願いします!

わかりました。現品1本限りですが。あ!あと販売用とかではなく遊び心で自分用に作ったものなので過度な期待はしないで…
編集さん
編集S

やった〜〜!
では、抽選で1名さまに、セーラー万年筆の筆でまんねんを軍艦風にカスタマイズしたものをプレゼントいたします。森さんの固定ツイートをリツイート&フォローで、応募完了となります。5月20日(水)に締め切りとさせていただきます。プレゼントの詳細は森さんの公式Twitterもあわせてご覧ください。

なんか…僕がオッケーする前から考えてました?
編集さん
編集S

Noと言えない森さん。

僕の家にあってもしかたないので、どなたか欲しい方の手に渡れば幸いです。っていうか、欲しい人いるのかな?心配になってきた。

編集さん
編集S

いますって!森さん、Twitterの方でバッチリ告知お願いしますね。

え~、自身ないな〜。作るのはいいけど、告知とか専門外…。
編集さん
編集S

楽しみながらやってみてください!それでは、今週はこのへんでおひらきに。

もしよかったらSNSで「いいね」や「シェア」お願いします!

編集さん
編集S

森さんのような、ちょっと(すごく)ヘンな人も常時募集しています。お気軽にお問い合わせフォームからメッセージください。

また来週お会いしましょう!

編集さん
編集S

さようなら〜!


どれだけ磨くの!? カスタムヘリテイジ92製作記はこちら


スゲイノウ人、渾身の万年筆をJally’s Shopで販売中!

Jally’s Shopに移動する


「万年筆が好きすぎるシステムエンジニア」森 慎吾さんのプロフィール

1981年生まれ。高校卒業→印刷会社→専門学校(音響芸術科)→テレビ局で編集マン→SE→フリーランスのSE→スゲイノウ人(イマココ!)。とにかくずっと激務に追われる日々からフリーランスへ転身し、忙しいながら趣味にあてられる時間も増え、万年筆カスタマイズに没頭の日々。

スゲイノウ人のこだわりの逸品を販売します

ショップの看板
Jally’sでは、スゲイノウ人たちが作り上げた究極の逸品を販売する、Jally’s Shopを運営中。ぜひお立ち寄りください。
Jally’s Shopはこちら