第56回 森家のリビングが大変なことに!旋盤とフライス盤が登場

これまでも数々のニッチな道具が登場した『スゲイノウ人』森さんとの対談。その対談史上、最もエキサイティングなマシンが、新たに森家にやってきました。民家のリビングに鎮座するその姿は…あれ、結構馴染んでる!?スゲイノウ人森って誰?という方や、はじめてお越しの方はこちらもご覧ください↓
【万年筆が好きすぎるシステムエンジニア 】第1回  SEと万年筆との出会い
森さん仕上げのカスタムヘイテイジ92はこちらです。
万年筆を1から作り上げようというMONDO計画はこちらです。
編集さん
編集S

こんにちは〜。編集のSです。

「万年筆仕掛け人」の森です。
編集さん
編集S

今年はなんだか梅雨が長い〜、早く開けてくれ〜と思っていましたが、梅雨明け早々激アツですね!あれ、森さん、ちょっと…

森さん
はい、早くも溶けかけております…シンドイです。
編集さん
編集S

エェェ、夏はこれからですよ!

先が思いやられます。
Sさん
編集S

さてさて、そんなとこより早速森さんにツッコミを入れたい件がございまして…これです。

リビングの風景
リビングの風景
え?素敵なリビングですがなにか?
Sさん
編集S

いやいや、これはスゲイノウ人森さん的には、素敵このうえないと思いますが、一般人は目を疑う光景です。

待ちに待った搬入です!

Sさん
編集S

「旋盤」と「フライス盤」ですか。

ものづくりの基本、いわゆる「マザーマシン」と呼ばれるものです!
Sショック
編集S

マザー!母なるマシンですか!

どんなにすぐれた最新の機械でも、その部品は旋盤やフライスなどの工作機械「マザーマシン」で不可欠です。精密なマザーマシンあっての、すぐれたものづくりです。

Sショック
編集S

それは、、確かに大事ですが、この真ん中のテーブルがダイニングテーブルですよね?ここでご飯食べるんですよね??

そうですね〜。ほのかに機械油の香りを感じながら、食べるわけです。

編集さん
編集S

なるほど…(これ以上は触れないでおこうかな)
ええと、具体的にこの旋盤とフライス盤を使って、万年筆のどの部分を作っていくんですか?私にもわかりやすい感じでライトな説明をお願いします。

主に軸の部分の製作に使います。他にも万年筆を分解したり調整したりするための道具を作ったり、用途は多岐にわたります。

編集さん
編集S

さすがマザーマシン!万年筆自体だけではなく、それを分解する道具も作れちゃうワケですね。なければ作ればいいじゃないって。
でも、仕上げにこだわる森さんならではの不満点も漏らしてましたね。

塗装にムラが多いし、あちこちにジャリジャリした大きな鉄粉のようなものがあったのでちょっと嫌だな…と。
なのでできる範囲で分解清掃と調整しました。分解すると仕組みがわかってくるので勉強にもなります。
Sショック
編集S

分解までしちゃう?!私だったら、分解するのはいいけど、戻せなくなりそう…。

ちょっと自信がない部分があったので、メーカーに問い合わせたら親切に教えてくれました。でも「当社では推奨しかねます」とも言われました(苦笑)

Sさん
編集S

でしょうね(笑)

ついでにロゴも刻印して、早速愛着が増します。
編集さん
編集S

早速動かしている動画も公開されていましたね。この作業がリビングでなされていることに、まだ実感が湧きませんが。

ここだけ見るとね(笑)でもね、思ったよりも静か。日曜大工で使ってるグラインダーとかのほうがうるさい。

編集さん
編集S

意外ですね。すごく大きな音だと思ってました。

日中しか作業しませんので、ご安心ください。まあ、ホントはもっともっとたくさん練習したいですけどね。

Sさん
編集S

旋盤の練習って、自分でできるものなんですね。

工業高校だったということもありますね。あと、いまは書籍以外にもサイトや動画がたくさんあるし、いい時代です。
とりあえず練習がてら、既存の万年筆に装飾をほどこしてみました。旋盤とレーザーマーカーの合わせ技です。

Sさん
編集S

すごっ。MONDOのロゴもさりげなく入って、すでに立派な商品みたいになってるし!

いろいろ遊びながらやっております。でも、大事なのは中身ですからね。道のりはまだまだ。

Sさん
編集S

あ!そういえば、旋盤ばかりで、フライス盤に触れてませんでした。

う〜ん、フライスはまだ削る刃物がまだ揃っていないので、全然触ってない…。

Sさん
編集S

そうなんですね。部品選びひとつひとつが大変ですよね!

国内メーカーで買うと高いので、中国から激安なものを取り寄せたりしております。それがまた、注文してから忘れた頃にやってくるんだ…。

編集さん
編集S

忘れた頃…(苦笑)

では、忘れた頃にご報告しますね!

編集さん
編集S

(ええ?!いつだろう…)よ、よろしくお願いします!

森さん
では、今回もこのへんで。
編集さん
編集S

そうですね。
購入して早速、旋盤を操るスゲイノウ人っぷり、ありがとうございました。

森さん
旋盤楽しい!
編集さん
編集S

森さんのような、ちょっと(すごく)ヘンな人も常時募集しています。お気軽にお問い合わせフォームからメッセージください。

ではでは!

編集さん
編集S

さようなら〜!


どれだけ磨くの!? カスタムヘリテイジ92製作記はこちら


スゲイノウ人、渾身の万年筆をJally’s Shopで販売中!

Jally’s Shopに移動する


「万年筆が好きすぎるシステムエンジニア」森 慎吾さんのプロフィール

1981年生まれ。高校卒業→印刷会社→専門学校(音響芸術科)→テレビ局で編集マン→SE→フリーランスのSE→スゲイノウ人(イマココ!)。とにかくずっと激務に追われる日々からフリーランスへ転身し、忙しいながら趣味にあてられる時間も増え、万年筆カスタマイズに没頭の日々。

スゲイノウ人のこだわりの逸品を販売します

ショップの看板
Jally’sでは、スゲイノウ人たちが作り上げた究極の逸品を販売する、Jally’s Shopを運営中。ぜひお立ち寄りください。
Jally’s Shopはこちら