【万年筆が好きすぎるシステムエンジニア】第6回 探訪記-伊東屋元町編-

システムエンジニアを生業としている森さんですが、実は無類の万年筆カスタマイザー。
究極の仕上げを目指して、万年筆を磨き続ける日々。
【万年筆が好きすぎるシステムエンジニア】 第6回は、いつものインタビューとはちょっと趣向を変えて
探訪記としてお送りいたします! 今週のスゲイノウ人はどこへ行ったのでしょうか?
編集さん
編集S

こんにちは!編集Sです。

万年筆仕上げ人の森です。突然ですがSさん、万年筆にまったく興味を示さなかった妻が、突然万年筆を買うと言い出したんですよ!
編集さん
編集S

なんと!それはこのジャリーズの一連の記事が魅力的すぎて、ハートに火がついちゃいましたか?

いや、違います。
編集さん
編集S

違った!?

文具店の伊東屋が出している「万年筆バイブル」という本があるんですが、その本を家でなんとなく読んでいた妻が、とある部分に食いついたんです。
編集さん
編集S

とある部分とは?

伊東屋の横浜元町店のみで取り扱っている「自分好みにカスタマイズできる万年筆」のサービス、 『My Mighty(マイマイティ)』の紹介記事です。
編集さん
編集S

自分好みにカスタマイズ?なんだか楽しそうですね。

せっかく妻が興味を示したので、早速行ってきたんです。
編集さん
編集S

横浜元町。おしゃれな雰囲気しか感じない!

ええ、おしゃれでしたよ。ザ・シャレオツ!

元町の風景

編集さん
編集S

入口からしておしゃれ!

もちろん店内もおしゃれですよ。

元町店内

編集さん
編集S

いちいちおしゃれ!

まあ、おしゃれなのは置いといて、お目当の「自分好みにカスタマイズできる万年筆」のサービス、 『My Mighty(マイマイティ)』は3階で取り扱っています。
編集さん
編集S

カスタマイズって、どういうことですか?

色や素材が違うパーツを自分好みに選んで、組み上げてもらうサービスです。こんな感じ。

マイマイティ1

編集さん
編集S

パーツにわかれてて、わかりやすいです。ふむふむ、キャップ・クリップ・ペン先…

それらを、このような専用の板にはめ込んでイメージを膨らませていきます。

マイマイティ2

編集さん
編集S

うわー、カラフルで迷っちゃいますね!

8つのパーツを、それぞれ8色から選んで、組み立ては店員さんにお任せです。ボクなら組立もやりたくてしょうがないですけどね。
編集さん
編集S

とてもワクワクするサービスですね。お値段はいくらくらいするんですか?

素材によってちょっと値段も変わるんですけど、だいたい8,000〜10,000円くらいですね。妻はキャップとボトムに、ちょっと高いイタリアンベージュという素材を選んでいたので、10,000円超えてました。これが完成イメージです。

マイマイティ3

編集さん
編集S

おお、この枠、イメージつかみやすい!

本当に簡単で、あまり悩まなければ10分くらいで注文できちゃいます。
編集さん
編集S

肝心の書き心地はどうなんでしょう?

これはオリジナルと言っても、伊東屋ブランドの万年筆「Mighty」が元になっているので、鉄ペンながら、エントリーモデルとしてなかなかの書き味ですよ。ちなみ細字・中字から選べます。
編集さん
編集S

そうか、ニブに金を使った「金ペン」の方が書き味が柔らかいんでしたよね。

ええ、この「Mighty」は値段も比較的お安いので、鉄ペン=ステンレスのニブです。
編集さん
編集S

そうなんですね!

さて、組立は混雑具合にもよりますが、30分もあれば出来上がるとのことだったので、隣にある「カクテルインク」も一緒に購入することにしました。
編集さん
編集S

カクテル?インクのバーですか?

まさにそんな感じですよ。

インクカクテル

編集さん
編集S

おお、マスターならぬ、ママ的な女性がインクをミックスしてくれる?

その通りです。インクも本当に奥が深く「インク沼」と言われるほど。例えば同じ青でも何色もあって、その微妙な色合いを楽しむ繊細な世界です。ちなみに妻はご当地の名前がついた「元町ブルー」を選んでいました。料金は、一律1,600円です。

色選びの風景

編集さん
編集S

そのネーミングいいですね、元町ブルー!

ただ、「本日はおやすみのインク」というのが結構あって、希望のカラーが選べない可能性がありますので、ご注意ください。この日も茶色系をはじめ、結構おやすみカラーがありました。
編集さん
編集S

インクにもおやすみがあるんですね…。

どうしたんですか?インクにすら、おやすみがあるのに、私にはないって顔ですが。
編集さん
編集S

な、何を言ってるんですか!毎日休みのようなものですよ。ハハっ!

休んじゃうとサビついちゃいますからね、毎日記事をジャンジャン書いてください。
編集さん
編集S

はい、了解しました…。

無事に万年筆も完成して、元町ブルーも購入してホクホクの妻でした。それにしても、伊東屋さんも商売上手ですよね。体験という付加価値をつけることによって、普段は万年筆を使わない妻のような人も、買う気にさせちゃうんですから。
編集さん
編集S

私もお話を聞いて、作ってみたくなっちゃいました!

女性はこういう体験が好きなのかもしれませんね、選べるっていうのが。別フロアでは、オリジナルノート作りもやってますから、三点セットで購入されてはいかがですか?Sさん。
編集さん
編集S

じゃあ、ちょっと行ってきます!

お、いいですね、行ってらっしゃい!
編集さん
編集S

それでは、今回はこのへんで。最後までお付き合いありがとうございました!

また次回お会いしましょう!

スゲイノウ人、渾身の万年筆をJally’s Shopで販売中!

Jally’s Shopに移動する


「万年筆が好きすぎるシステムエンジニア」森 慎吾さんのプロフィール

1981年生まれ。高校卒業→印刷会社→専門学校(音響芸術科)→テレビ局で編集マン→SE→フリーランスのSE→スゲイノウ人(イマココ!)。とにかくずっと激務に追われる日々からフリーランスへ転身し、忙しいながら趣味にあてられる時間も増え、万年筆カスタマイズに没頭の日々。

スゲイノウ人のこだわりの逸品を販売します

ショップの看板
Jally’sでは、スゲイノウ人たちが作り上げた究極の逸品を販売する、Jally’s Shopを運営中。ぜひお立ち寄りください。
Jally’s Shopはこちら