第8回 スゲイノウ人を魅了する木目金【万年筆が好きすぎるエンジニア】

【万年筆が好きすぎるシステムエンジニア】である森さんとの対談、第8回。
前回の【万年筆が好きすぎるシステムエンジニア】第7回 スゲイノウ人の野望では、「オリジナルのニブを作りたい!」という
大きな夢を語っていただきましたが、少し語り足りない部分があったようなので、今回も引き続き
森さんが作ってみたいニブについて、さらにニッチな部分のお話を伺ってみました!

「スゲイノウ人・森さんってどんな人?」という方はこちらの記事からどうぞ
【万年筆が好きすぎるシステムエンジニア 】第1回  SEと万年筆との出会い
編集さん
編集S

夏生まれなので、夏が好き!編集Sです。

冬生まれなので、冬が好き!なスゲイノウ人・森です。
編集さん
編集S

なんだか急に猛烈に暑くなりましたね!今は少し落ち着いてますが。

もうね、夏になると僕の生産性がガクンと下がっちゃうので、カンベンして欲しいですよ。あと春も花粉症なので頭が働きません。秋も微妙に暑いし、やっぱ冬最高ですね。
編集さん
編集S

1年のうち3/4くらいはダメじゃないですか…。

まあそういうことですね(苦笑)さてさて、そんな話は置いておいて、前回の話で少し補足というか、さらに語りたい部分があるので、聞いてください!
編集さん
編集S

お、ぜひお願いします!

Sさんは「木目金(もくめがね)」ってわかりますか?
編集さん
編集S

えーと、メガネか何かの種類ですか?

いえいえ、木目金(杢目金とも書く)は「木目調」の金属ということですよ。木の年輪のような模様のついた金属のアクセサリーなど、見かけたことないですか?
そうそう、これが木目調
編集さん
編集S

ああ、結婚指輪のデザインでみたことあります!最近は結構流行ってるようにも感じます。

うーん、流行ってるかどうかはわかりませんが、木目金の手法自体は江戸時代から伝わる日本の伝統的な技術です。
編集さん
編集S

いいですね、メイドインジャパン!やはり、本物の木目と同じように、幾層にも金属を重ねていくんでしょうか?

そうですね。おっしゃる通り、種類の違う地金を交互に重ねて圧縮します。その塊を刀鍛冶職人のように熱してトンテンカン、高温で柔らかくなったところでひねったり、ねじったりして、トンテンカン…。地道な作業ですね!
編集さん
編集S

重ねて、熱して、ねじってトンテンカンですか!

すごく簡単にいうとそういうことになります。(苦笑)
編集さん
編集S

ねじる作業のところで重ねた層がマーブル模様のようになりますよね!

そうです。そのひねったり、ねじったりの具合で、その都度模様の出方が変わるところが魅力のひとつでもあります。同じ模様には二度と出会えない。一期一会ですね。
編集さん
編集S

森さんが「木目金」に惹かれる所以は、そういう理由なんですね?

そうですね。まあ、僕はもともと刃物や和式ナイフが好きなんですよ。
編集さん
編集S

え、刃物?和式ナイフ?木目金との関係性が見えてきませんが…。

和式ナイフには多層鋼とよばれる刀身があるんですよ。
編集さん
編集S

多層…たくさんの層が重なっている…木目金?!

そういうことです!刃物が好きだから木目金が好きなのか、木目金が好きだから刃物が好きなのか、それはよくわからないですけどね。とにかく、独特な模様が美しいと感じるんです。
俗にダマスカス鋼(積層鋼材)と呼ばれる刃物
編集さん
編集S

刃物好き…安定の変態トークになってきましたね。

怪しい者ではないですよ!
編集さん
編集S

わかってますって。さあ、続けてください。

(コホン)実は刃物と万年筆には大きな共通点もあるんです!
編集さん
編集S

共通点?なんだろう、、うーん、そのこころは?

研ぎ直す事で書き味が大きく変わる!(刃物なら切れ味が変わる)というところです。
編集さん
編集S

ちょっと待ってください。刃物は研ぎますけど、万年筆って研ぐものなんですか?

普通のユーザーは研がないと思います。でもコアなユーザーは研ぎます!
編集さん
編集S

研ぐことで書き味がよくなったりするということですね?

そうですね。と言うか、そもそも同じペンポイントでも、最後に研ぎ方を変えることによって「中字」や「太字」などの文字の太さが変わるんですよ。
編集さん
編集S

なるほど、そういうことですか。

たくさん使っていくうちに自然と磨耗しているので、普段から研いでいるとも言えます。(笑)
編集さん
編集S

そうなんですね。磨くの大好きな森さんだから、やっぱり研ぐのも好きと言う訳でしたか!

包丁の砥石もいっぱい持ってますよ。あまり研いでませんが!
編集さん
編集S

ええ、なぜ?!

うちには萌える包丁がないので。。。安い文化包丁しかない(涙)
編集さん
編集S

森さんが研げば、安い包丁でもメッチャ切れるようになりそうです。ああ、なんだか話がそれてしまいましたね。ええと、木目金ですよ。

そうそう、木目金。組み合わせる金属によってシックにも華やかにもできるので、作るのが楽しそうです!とはいえ、試作段階では貴金属の代わりに真鍮や銅、アルミといった安価な金属で杢目金を製作し、本番にはホワイトゴールドやピンクゴールド、プラチナ、などを使った、杢目金を使用するつもりです。
編集さん
編集S

え、まさかご自宅でトンテンカンするんですか?

うーん、トンテンカンしたいのは山々なんですが、さすがにマンションですし、いろいろ問題あるなあと思いまして、専門の業者の方に薄い地金にしていただき、そこからニブの形にしていこうと考えています。
編集さん
編集S

前回の「万年筆ができるまで動画」では、金型で打ち抜いていましたが。

大量生産する場合は金型が有効なんですが、僕みたいに小ロットで作りたい場合には不向きです。なので、CNCフライスを使っての製作がいいかと思っています。
編集さん
編集S

シーエヌシーフライス?

簡単に言えば、切削機ですね。”Computerized Numerical Control “でCNCです。コンピューターで制御して切削します。フライスは工具の種類のことです。イメージ写真、こんな感じです。

編集さん
編集S

うわ、すっごい削れそう!

最近では、個人でも使える小型のCNCフライスも販売されているので、ニブのような小さなパーツであれば切り出すことができそうです。
編集さん
編集S

そうなんですね。切り出したあとは、前回のイリドスミン球を溶着させる作業などに続く訳ですね。

イリドスミン球をよく覚えてましたね!
編集さん
編集S

なんか印象的な名前でしたから(笑)いやあ、前回に引き続き、たっぷり森さんの野望を語っていただけました。まだ語り足りないでしょうか?

語ろうと思えばドンドン語れちゃいますけど…一旦大丈夫です!
編集さん
編集S

では、スゲイノウ人の野望編はこのへんで終わりたいと思います!お付き合いありがとうございました。

また来週お会いしましょう!

スゲイノウ人、渾身の万年筆をJally’s Shopで販売中!

Jally’s Shopに移動する


「万年筆が好きすぎるシステムエンジニア」森 慎吾さんのプロフィール

1981年生まれ。高校卒業→印刷会社→専門学校(音響芸術科)→テレビ局で編集マン→SE→フリーランスのSE→スゲイノウ人(イマココ!)。とにかくずっと激務に追われる日々からフリーランスへ転身し、忙しいながら趣味にあてられる時間も増え、万年筆カスタマイズに没頭の日々。

スゲイノウ人のこだわりの逸品を販売します

ショップの看板
Jally’sでは、スゲイノウ人たちが作り上げた究極の逸品を販売する、Jally’s Shopを運営中。ぜひお立ち寄りください。
Jally’s Shopはこちら